みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンの特徴ですが、まず銀行カードローンということで総量規制対象外です。総量規制とは年収の1/3まで借りられるというものです。

銀行カードローンは年収の1/3まで借りていれもそれ以上借りられる可能性が高いというメリットがあります。やはり借り入れ額が気になるところですのでこれは非常に多きな特徴です。

銀行カードローンという事で、みずほ銀行の口座を持っていれば契約、登録も非常にスムーズにすすみます。口座を持っていれば個人情報もみずほ銀行からすぐに確認できるので手間も省けます。

そしてみずほ銀行の口座でカードローン利用が出来るため借り入れ、返済がみずほ銀行のATMで利用できるのです。便利さもありますし、周囲の目も気にせずに利用できるところが良いです。もちろん普通に口座として利用も出来るので入出金も出来ます、カードローン利用も出来ます。

あとはカードローン利用を半年程継続していれば増額の案内がきます。

 

みずほ銀行カードローンの審査基準について

銀行のカードローンは審査が厳しいというイメージがありますが、なにも厳しいわけではありません。

普通に生活していて、公共料金や家賃、各種ローンを遅滞や滞納をしない限り、銀行のカードローンの審査は通ります。審査が甘い消費者金融よりは厳しい部分はあるかもしれませんが、銀行のカードローンと厳しいわけではありません。なので、みずほ銀行カードローンも審査は厳しくありません。

みずほ銀行カードローンを利用できる方は、20歳から66歳未満の方で、安定した収入がある方は誰でも申し込みできます。銀行によって安定した収入の解釈は違うのですが、みずほ銀行カードローンの場合は、毎月安定した給料を貰える方は当然、2ヶ月に1度の給料でも、歩合給や毎月給料が変動する方でも申し込むことができます。

また、雇用形態も問わないので、派遣社員やアルバイト、パートでも大丈夫です。みずほ銀行カードローンは無収入の専業主婦でも申し込むことができます。条件は配偶者に安定した収入があることです。この場合は、配偶者の勤務先の情報を記入する必要があります。

みずほ銀行カードローンの他の審査基準は、個人信用情報や勤務先、勤務年数、住居や家族形態、他社からの借り入れなどが基準になります。

 

みずほ銀行カードローンはどんな人におすすめか?

みずほ銀行カードローンはどんな人におすすめか?みずほ銀行カードローンは普通口座を持っているキャッシュカードとカードローン口座のカードローンカードと一体型のカードがあります。この一体型がみずほ銀行カードローン最大の特徴です。

みずほ銀行の普通口座を持っていればカードローンの申請や登録も簡単で是非おすすめします。普通口座の入金、出金、振込が出来る他にカードローンを利用すれば普通口座からの引き落としが出来ます。

登録する際に引き落としする日を決めることが出来ます。そしてその引き落とし日の21時までに普通口座に入金しておけば自動的に翌日に引き落としされています。返済を忘れる心配もないですし、わざわざカードローンカードを持ち歩く手間も省けますしとてもいいと思います。

あとはみずほ銀行カードローンは総量規制対象外なので年収の1/3以上借りられる可能性があります。すでに借入額が多い方は検討してもいいカードローンだと思います。